2003.09.25 Up date

そよ吹く風の村の案内板写真絵展開催のお知らせです↓↓↓

それは摸写から始まった…

friends

 ちひろさんの子供たちの絵の表情に接した時、あの 瞳に不思議な魅力を覚えました。 何かをじっと見つめているような…、その感情を子供自身がどのように 表現しようか、考えているそのような雰囲気を感じたのでした。

 最近、手元にある絵葉書を見て、あれっと思いました。 その表情が、ある画家が描いている子供の表情と似ているように思えたのです。
 その画家とは、18世紀のフランスの画家ワトーです。
「シテールへの船出」という絵で有名な作家です。
彼の絵の中に「ダンス」と名付けられた絵があって、 そこには子供たちが描かれています。

 彼らの表情と、ちひろさんの子供たちの表情が似ているのです。 その彼らの表情について、ある解説者は次のように述べています。
「どの子供の目を見ても、焦点は内に向いており、完全に忘我の状態に あることがわかる。……この子供たちも夢の中にいるのだ。」
 ちひろさんもこのワトーと同じような思いをもって、子供たちを描い たのでしょうか?

 そして、ふと感じた別の点はちひろさんの描いた絵の中で、笑顔、微笑みといった 子供たちの表情を余り見ないことなのです。それは、彼女の生きていた 時代と関係があるのかもしれません。

 今、私は子供の笑顔に魅了されています。 子供の持つ魅惑的な力、それはあの飾り気のない笑顔にあるようにも 思えるのです。そのような、魅了される子供の笑顔を描きたいものです。

smile、笑顔
これは、写真を絵画風に表現したものです。
写真とも絵とも違う不思議さを感じてもらえれば嬉しいです♪
rara
写真絵 写真絵
ふぉとあーと
リンクバナー

【目 次】